高レベルの思考は「母語」でしかできない。

「母国語」はもはや死語です。
幼少期より習得してその人の思考をつかさどっている言語のことを「母語」と呼びます。
どんな言語においても「母語」を表す言葉は存在しています。
そして「母語」を表す言葉には「国」を意味する言葉は一切含まれていません。
唯一、日本語だけが「母語」を表現するために「母国語」という言葉を使っていたことになります。
もう二度と「母国語」という言葉が前面に出てくることはなくなるでしょう。
2000年を前に2月21日が「国際母語デー」として制定され、言語による団結のために失われた多くの命を悼みながら「母語」の大切さを改めて考えることができる日となっています。
バイリンガルは理論上のものであり、二つの言語を「母語」としてを持つことは実際にはあり得ないことが分かってきました。
第二言語はしっかりとした「母語」(第一言語)によってこそ理解できるものであり、「母語」の習得度の高さがそのまま第二言語の習得能力となります。
さらには、高度の思考は自然と母語でしか行なわれていないことが明らかになっています。
つまりは、母語以外の言語取得はもちろんあらゆる思考活動が「母語」によってなされており、「母語」を磨くことによってよりレベルの高い思考が可能となっているのです。